Introduction:「名古屋グランパス」で3名のコロナ陽性者が判明したことにより、急遽7月26日の試合が中止となりました。

しかし、グランパスを非難するどころか、このチームを初めJリーグの迅速で徹底した新型コロナ対応に、むしろ感心したほどです。

その一方、安倍政権は矛盾にあふれた ”犯罪的行為” とも言える政策を進めています。

安倍政権はJリーグや名古屋グランパスを見習うべきです!

名古屋グランパスでさえ感染者が出た!

7月26日、サッカーJ1は明治安田生命J1リーグ第7節『サンフレッチェ広島 vs 名古屋グランパス』の試合を急遽中止にしました。名古屋グランパスの選手1名、スタッフ2名に新型コロナの陽性が確認されたため、試合開始7時間前の異例の中止に踏み切ったのです。

これまでサッカーJリーグは、新型コロナ感染拡大防止に力を入れてきました。
リーグ主導で選手やスタッフを対象に「2週間に1回」定期的にPCR検査を行ってきた経緯があります。

ちなみに、日本のプロ野球(NPB)は「1カ月に1回」監督、コーチ、選手、スタッフ、審判員を対象としたPCR検査を実施しており、日本相撲協会は5月下中から1カ月を費やし、約900人の力士や関係者に対し抗体検査を行っています。

大相撲に関しては相撲協会に問い合わせたところ、PCR検査は定期的には行っていないとのこと。それでも現在行われている「7月場所」前にPCR検査を実施したとの話でしたが、裏は取れていません。

以上の点から、プロ野球・大相撲に比べ、Jリーグは新型コロナに対しとても慎重、かつ重点的に対策を施していたことが分かります。

しかし、ここで重要なことは、どんな一所懸命に対策を行ったとしても、新型コロナ相手ではどうしても漏れ落ちるケースが出てきてしまうということです。

特に「名古屋グランパス」は、どこよりも厳格に感染対策に取り組んでいたことで知られています。
チーム関係者は自宅に客を招くことは原則禁止されており、選手の外部接触はほぼありません。また、週に1回は感染対策の講義も開催しています。そこまで頑張っても感染者が出てしまったのです。

安倍政権は名古屋グランパスを見習え!

今回3名の陽性者が出たとしても、名古屋グランパスを非難する者は皆無でしょう。むしろ、名古屋グランパスを初めJリーグはこれほどまでにコロナ対策を徹底していたのかと、感心する声の方が多いのではないでしょうか?

名古屋グランパスは今回の感染事例を受けて、今後は「1週間に2回」のPCR検査を実施することを決定しました。これはクラブチームの完全な自腹となり、その費用は数百万円に上るといいます。ここには「2週間に1回」の公式検査では新型コロナに対応できないかもしれないという、クラブチームの危機感が現れています。

名古屋グランパスが抱いている危機感は極めて真っ当であると感じますし、その後の「1週間に2回」ものPCR検査を実施するという判断はとても迅速、かつ徹底しています。

その一方で、あまりに頓珍漢なのが安倍政権の動向です。

日本では東京都や都市部を中心に、「第2波」と思われる感染拡大が続いている最中、安倍政権が積極的に推進しているのがPCR検査ではなく、情けないことに『GO TO トラベル』なのです。

◆ 出典記事 ◆
 『企業に「在宅7割」要請へ 大人数会合自粛を―政府』

 ~2020年7月26日 JIJI.COM~

安倍政権は完全に矛盾しています。まさにアクセルとブレーキを同時に踏み込むことをやっています。『GO TO トラベル』の最中、上の記事にもあるように企業に対しては「在宅7割」を要請する有様です。

この政権は国民を拡散させたいのか? あるいは国民を自宅に閉じ込めておきたいのか? 一体どちらなのでしょう?

少なくとも、このタイミングで日本国民を旅行に扇動するのは ”犯罪的” だと断言します。

これまで安倍政権は新型コロナに対して何ら実効的な対策を打ち出せず、保証も極めて薄く、国民の自粛頼みで、特に安倍首相などは意味不明な精神論を繰り返すばかりでした。

安倍首相も名古屋グランパスを初め、Jリーグの迅速で徹底したコロナ対応を見習うべきです。

現在の安倍政権は ”精神主義” を通り越し、邪馬台国の卑弥呼のような ”呪術的” 政治の恐ろしさすら感じます。

The Abe government should take a lesson from the ”Nagoya Grampus”.

Introduction:The match on July 26 was abruptly cancelled after three people were found to be corona-positive in ”Nagoya Grampus”.

But rather than blaming the Grampus, we were impressed by the swift and thorough response to the new corona in this team and in the J.League.

On the other hand, the Abe administration is pursuing a policy that could be described as “criminal” and full of contradictions.

The Abe administration should take a lesson from the J.League and ”Nagoya Grampus” !

Even ”Nagoya Grampus” was found to be infected with COVID-19!

On July 26, J1 Soccer cancelled the J1 League match between Sanfrecce Hiroshima and Nagoya Grampus, the seventh match of the Meiji Yasuda Life Insurance Company (Meiji Yasuda Life Insurance Company). The unusual cancellation was made seven hours before the match started after one Nagoya Grampus player and two staff members were found to be positive for the new strain of corona.

So far, the J-League has been working hard to prevent the spread of the new corona strain.
The league has been leading the way in conducting regular PCR tests for players and staff “once every two weeks”.

Incidentally, Japan’s professional baseball (NPB) conducts PCR testing for managers, coaches, players, staff, and umpires “once a month,” and the Japan Sumo Association has spent a month since late May testing about 900 wrestlers and other related personnel for antibodies.

I contacted the Sumo Association for information on sumo, and they said that PCR testing is not done on a regular basis. I was told that the PCR test was conducted before the current July tournament, but this has not been confirmed.

From these points, we can see that the J-League took very careful and focused measures against the new corona in comparison to professional baseball and sumo.

However, it is important to note that no matter how hard we try, there will inevitably be cases of leakage when dealing with the new corona.

Nagoya Grampus in particular is known for having one of the strictest infection control policies of any team.
As a rule, team officials are not allowed to invite guests to their homes and there is almost no outside contact with the players. The team also holds weekly lectures on infection control. Even though we’ve worked that hard, we’ve still had an infected person.

The Abe government should take a lesson from the ”Nagoya Grampus”.

Even if three people tested positive this time, no one would blame Nagoya Grampus. In fact, many people are impressed that Nagoya Grampus and the rest of the J-League have taken such thorough measures against corona.

Following this case of infection, Nagoya Grampus has decided to carry out PCR tests “twice a week” from now on. This will be completely out of the club team’s own pocket, and the cost will run into the millions of yen. This shows the sense of urgency on the part of the club team that the “once every two weeks” official test might not be enough to deal with the new corona.

I feel that the sense of urgency that Nagoya Grampus has is extremely legitimate, and their subsequent decision to conduct PCR testing “twice a week” was very quick and thorough.

On the other hand, it is the Abe administration that is so unconventional.

In the midst of what appears to be a “second wave” of outbreaks in Japan, mainly in Tokyo and other urban areas, the Abe administration is actively promoting not PCR testing, but rather, shamefully, “go to travel”.

◆ source article ◆
 “Businesses to refrain from holding large group meetings to allow 70 percent of employees to work from home – Gov’t

 ~July 26, 2020 JIJI.COM~

The Abe administration is completely inconsistent. It’s exactly what they are doing, putting their foot down on the accelerator and the brake at the same time. In the midst of the “Go to Travel” campaign, as noted in the article above, the government is asking companies to “work from home 70% of the time”.

Does this administration want to diffuse the people? Or do you want to keep the people at home? Which one is it?

At least, I assure you that it is “criminal” to incite the Japanese people to travel at this time.

So far, the Abe administration has failed to come up with any effective measures to deal with the new coronas and has given very little assurance, relying on the public’s self-restraint, with Prime Minister Abe in particular repeating a meaningless mentality.

Prime Minister Abe should also learn from the swift and thorough Corona response of the J League, including Nagoya Grampus.

The current Abe administration has gone through “spiritualism” and is even a horrible form of “spellbinding” politics, like Himiko of the Evil Empire.

Last Updated on 2020-08-05 by この記事を書いた人:白坂和哉

この記事を書いた人:白坂和哉主催者

投稿者プロフィール

ニュースサイト『白坂和哉 デイ ウォッチ』を主宰しています。
ご質問・お問い合わせについても承っております。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

主催者:白 坂 和 哉 -shirasaka kazuya-

主催者:白坂和哉

『白坂和哉 デイ ウォッチ』にようこそ。
このサイトを運営している
白坂和哉
(shirasaka kazuya)です。
 
「突き刺さるニュースサイト 」をモットーにしています。
最近のメディア、特に新聞はどれも同じようなことが書かれていると思いませんか?
政治、経済、社会、ビジネス、そして人々の生き様まで!
貴方の胸に突き刺さるニュース、切り口の違うニュース、さらに深掘りしたニュースをお届けしたいと思っています。
⇒主催者プロフィール

カテゴリー

ページ上部へ戻る