『今まさに起こっている日本の危機』~竹花総一~


岸田内閣の「閣議決定」で決めていく手法はナチス党のヒトラーの独裁政権の時代のやり方そのものである。

ヒトラーは『ワイマール憲法』を無視してまるでなかった事にして、当時のラジオや新聞や広告などを利用してドイツ国民の熱狂的な支持を得て、反対意見をその場の雰囲気や空気を読めないやつだとして非難して排除してきた。

ワイマール憲法下で堂々と「憲法無視」をしてきたナチス党が勝手に決めた法治国家論を展開して成立させた悪法を、その法に従わない者を反逆者として処罰の対象としてきた。

その結果がユダヤ人のホロコーストやジェノサイドであり、外側に敵対するものを作る事により、内側の不満を抑え、国民を一致団結させた。

ようするに、国民の「恐怖心」を煽って自らの政党を政治的に有利な立場にするのに利用したのが彼らの政治手法だったのだ。

いまの政権与党は『日本国憲法』をなかったかのように無視して、選挙による全国民の代表者の集まりである「国会」を無視して、議院内閣制というシステムを無視してひたすらこの国をハイジャックしてただ暴走している。まるで民主主義はこの国では機能していない様相である。

もはやこれは手の施しようがないくらい、この国の中枢部自体が「不埒な悪党に乗っ取られてしまっている」状態であるから、検察は分かっているであろうが、あなた達しかこの暴走は止められないし、公職選挙法だってこんな状態ではまともに守られる訳がないし、選挙自体がチートされる恐れさえある状況である。

国民自体が主権者としてこの政府の異常な暴走状態に「緊急事態」であると警告して、私は国民主権の名において直ちに検察が力を合わせて「法の支配、法秩序の回復」の行使をすることを願うものである。 

カルトによる洗脳による精神的な「暴力行為」によって、「国家の統治機構を破壊」したのであるから、「内乱罪」の構成要件に該当する違法性・有責性を伴う「犯罪」であると明らかに言えるのである。

この状況で検察が逮捕権を使って、これら国家に対する反逆者達を起訴しないのであれば、もはや国民にはただ一つ、『日本国憲法』によって論理的に導かれる「抵抗権」に基づく「革命」しか基本的人権を保つのは不可能な状態に置かれてしまい、人権回復を著しく困難なものとするために、ここで検察が何も動かないのであれば、この日本という国家は滅びることが予想できるのである。

The Kishida Cabinet’s method of making decisions through Cabinet decisions is exactly the same as that used during Hitler’s dictatorship of the Nazi Party.

Hitler ignored the “Weimar Constitution” and pretended it had never existed, and used the radio, newspapers, and advertisements of the time to gain enthusiastic support from the German people, and to influence opposing opinions by changing the mood and mood of the place. They criticized him for being illiterate and excluded him.

Under the Weimar Constitution, the Nazi Party, which brazenly “ignored the Constitution,” developed its own theory of a nation ruled by law and enacted bad laws, making those who did not abide by those laws punishable as traitors.

The result was the Holocaust and genocide of the Jews, and by creating an external enemy, they suppressed internal dissatisfaction and united the people.

In other words, their political method was to stir up fear among the people and use it to give their own party a politically advantageous position.

The current ruling party ignores the “Constitution of Japan” as if it never existed, ignores the “Diet” which is the assembly of elected representatives of all the people, and ignores the parliamentary system of government. They just hijacked it and went wild. It’s as if democracy isn’t working in this country.

The central part of this country itself has been “taken over by unscrupulous villains” to the point where there is nothing that can be done about it, and the prosecutors are probably aware of this, but you are the only ones who can control this rampage. cannot be stopped, and there is no way that the Public Offices Election Act can be properly followed under such conditions, and there is even a risk that the election itself may be cheated.

As the people themselves are sovereign, I have warned that this abnormal runaway state of the government is a “state of emergency,” and in the name of the sovereignty of the people, I urge the prosecutors to join forces immediately to “restore the rule of law and legal order.” I hope that you will exercise your power.  

Because they “destroyed the national governing structure” through mental “acts of violence” caused by brainwashing by a cult, it is a “crime” that is illegal and culpable and falls under the constitutive requirements of “civil turmoil.” This is clearly true.

In this situation, if the prosecutors do not use their arrest power to indict these traitors against the state, the people will no longer have only one option, which is based on the “right of resistance” logically derived from the “Constitution of Japan.” Japan has been put in a situation where the only way to preserve basic human rights is through a revolution, and if the prosecutors do nothing to make the restoration of human rights extremely difficult, the nation of Japan will perish. It is possible to predict that.

Written by Souichi Takehana https://www.facebook.com/profile.php?id=100094113235952

コメント

この記事へのコメントはありません。

月間ランキング

  1. 1

    『今まさに起こっている日本の危機』~竹花総一~

  2. 2

    佐藤正久「人権発言」の謎を解く ~大きなものを護るために死ね?

  3. 3

    【終戦記念日 特別寄稿】なぜ天皇陛下は靖国神社を参拝しないのか?

  4. 4

    『れいわ現象の正体』を読み解く ~「ノー」の声を上げ、街頭に出よう!

  5. 5

    安倍首相CIAエージェント説 ~岸信介もCIAだった

  6. 6

    【解説】イスラエル&パレスチナ戦争を理解するために ~ハリー・S・トルーマン「──アラブの肩を持っても票にはならないだろう?」~

  7. 7

    即位礼正殿の儀で恥を晒し続けた安倍夫妻 ~日本人としての品格がない理由

  8. 8

    小池百合子とトルコ風呂 ~小池都知事は風俗と夜の街をどのように捉えているか?

  9. 9

    小泉純一郎と憲法9条 【漂流国家 日本 Part2】

  10. 10

    【岸田首相と戦争】岸田政権における戦争の可能性を考察する

アーカイブ

TOP