「日本学術会議」人事介入 菅首相の狙いは何か!?

Introduction:「誰でもよかった!」⇒ これが菅首相の本音です。
菅首相が、6名の学者を「日本学術会議」の会員に任命しなかったことが大きな社会問題になっています。
しかし、当の菅首相はこの問題について、まともな説明を全くしていません。
──暗く、冷たく、陰湿な菅首相。安倍晋三氏にわずかながら見出すことのできた、最低限の茶目っ気すら菅首相には備わっておりません。
そんな菅首相の本当の狙いは果たしてどこにあるのか?
今回は特異な刑務所、”パノプティコン” を取り上げつつ、菅首相の真の狙いについて考えます。

◆ 関連記事 ◆
 『菅首相に学術会議の任命拒否はできるか?不当な人事介入はこれで決着!』

コメント

この記事へのコメントはありません。

月間ランキング

  1. 1

    安倍首相CIAエージェント説 ~岸信介もCIAだった

  2. 2

    なぜ小池百合子は圧勝したのか!?~目からウロコの東京都知事選総括

  3. 3

    佐藤正久「人権発言」の謎を解く ~大きなものを護るために死ね?

  4. 4

    小池都知事が推す伊藤ゆう氏が落選!現職・青木英二氏6選

  5. 5

    【終戦記念日 特別寄稿】なぜ天皇陛下は靖国神社を参拝しないのか?

  6. 6

    喫茶店経営をお考えの皆様へ。地獄を見る前に読んでおくべきこと。

  7. 7

    日教組糾弾を目的とする産経新聞の社説は醜悪である

  8. 8

    小池百合子とトルコ風呂 ~小池都知事は風俗と夜の街をどのように捉えているか?

  9. 9

    ディープフェイク(偽動画)がアメリカ大統領選を混乱に陥れる

  10. 10

    『今まさに起こっている日本の危機』~竹花総一~

アーカイブ

TOP