「日本学術会議」人事介入 菅首相の狙いは何か!?

Introduction:「誰でもよかった!」⇒ これが菅首相の本音です。
菅首相が、6名の学者を「日本学術会議」の会員に任命しなかったことが大きな社会問題になっています。
しかし、当の菅首相はこの問題について、まともな説明を全くしていません。
──暗く、冷たく、陰湿な菅首相。安倍晋三氏にわずかながら見出すことのできた、最低限の茶目っ気すら菅首相には備わっておりません。
そんな菅首相の本当の狙いは果たしてどこにあるのか?
今回は特異な刑務所、”パノプティコン” を取り上げつつ、菅首相の真の狙いについて考えます。

◆ 関連記事 ◆
 『菅首相に学術会議の任命拒否はできるか?不当な人事介入はこれで決着!』

コメント

この記事へのコメントはありません。

月間ランキング

  1. 1

    『今まさに起こっている日本の危機』~竹花総一~

  2. 2

    佐藤正久「人権発言」の謎を解く ~大きなものを護るために死ね?

  3. 3

    【終戦記念日 特別寄稿】なぜ天皇陛下は靖国神社を参拝しないのか?

  4. 4

    『れいわ現象の正体』を読み解く ~「ノー」の声を上げ、街頭に出よう!

  5. 5

    安倍首相CIAエージェント説 ~岸信介もCIAだった

  6. 6

    【解説】イスラエル&パレスチナ戦争を理解するために ~ハリー・S・トルーマン「──アラブの肩を持っても票にはならないだろう?」~

  7. 7

    即位礼正殿の儀で恥を晒し続けた安倍夫妻 ~日本人としての品格がない理由

  8. 8

    小池百合子とトルコ風呂 ~小池都知事は風俗と夜の街をどのように捉えているか?

  9. 9

    小泉純一郎と憲法9条 【漂流国家 日本 Part2】

  10. 10

    【岸田首相と戦争】岸田政権における戦争の可能性を考察する

アーカイブ

TOP