Introduction:広島と長崎で開催された原爆被害の式典で、挨拶に立った安倍首相は、あろうことか ”コピペ演説” をしたことで非難を浴びています。

やはり、安倍首相は歴代の首相の中でも群を抜いて最低だと、このたび確信いたしました。

およそ血の通った日本人であれば、このような暴挙は絶対にできないはずです。ましてや安倍晋三氏は一国の首相という立場──

今、あらためて問いたいのですが、安倍首相とは一体何者なのでしょうか?

原爆の式典でコピペ演説とは噴飯ものである!

8月6日に広島市で行われた『平和祈念式典』、そして9日に長崎市で行われた『長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典』の場において、実に情けない話なのですが安倍首相は ”コピペ演説” ──ほんの一部の文面と、固有名詞以外は同じ内容の演説を行っていたわけです。

おそらく、安倍首相は戦時中の原爆被害など全く興味がないのでしょう。彼は極めて冷徹かつ情が無い人間、でなけれは薄っぺらで空虚な人間だと思われます。なぜなら、血の通った日本人であれば、このような暴挙は絶対にできないはずだからです。その意味で、安倍首相は歴代の首相の中でも群を抜いて最低だと確信しました。

そして、考えてみるに、このような人間が日本の安全保障の根幹に関わる「安保法制」を過去に成立させているのです。安倍首相は深い考えや見識もなく、憲法に反する法律を通してしまったのではないか? これは実に恐ろしいことです。

では、今回の安倍首相の演説がどのくらい似通っているのか、具体的に見てみましょう。

8月6日、広島市で行われた『平和祈念式典』での安倍首相の演説。
出典:首相官邸「広島市原爆死没者慰霊式並びに平和祈念式あいさつ」
8月9日、長崎市で行われた『長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典』での安倍首相の演説。
出典:首相官邸「長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典あいさつ」

広島市と長崎市で行われた演説について、違っている箇所を色分けしています。
こうしてみると一目瞭然なのですが、両者の違いは「広島と長崎に関する固有名詞の箇所」と「前半の一文のみ」であることが分かります。しかも、「前半の一文」ですら言っている内容は全く同じなのです。

まともな感覚の首相であるなら、いくら側近がこのような文面を用意したとしても頑として首を縦に振らなかったでしょう。この完全なまでに ”当事者意識が欠落” した首相を評価するのは困難ですが、少なくとも「人々への想い」であるとか「国民への気持ち」など、まるで持ち合わせていないことだけは確かなようです。

Last Updated on 2020-08-19 by この記事を書いた人:白坂和哉

この記事を書いた人:白坂和哉主催者

投稿者プロフィール

ニュースサイト『白坂和哉 デイ ウォッチ』を主宰しています。
ご質問・お問い合わせについても承っております。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

主催者:白 坂 和 哉 -shirasaka kazuya-

主催者:白坂和哉

『白坂和哉 デイ ウォッチ』にようこそ。
このサイトを運営している
白坂和哉
(shirasaka kazuya)です。
 
「突き刺さるニュースサイト 」をモットーにしています。
最近のメディア、特に新聞はどれも同じようなことが書かれていると思いませんか?
政治、経済、社会、ビジネス、そして人々の生き様まで!
貴方の胸に突き刺さるニュース、切り口の違うニュース、さらに深掘りしたニュースをお届けしたいと思っています。
⇒主催者プロフィール

アーカイブ

ページ上部へ戻る