これを見て泣け!山本太郎の政見放送が神レベル!

生きたい!という想いから、私の政治キャリアは始まりました

私(山本太郎)自身、社会問題を初めて真剣に考えるきっかけとなったのは、災害でした。
――2011年の「東日本大震災」と「原発の爆発」。

「生きたい!」という想いから、私の政治のキャリアは始まりましたが、この国では「生きたい」とすら思えない人々が数多くいます。
1年間の自殺者は2万人を超え、自殺未遂者だけでも50万人を超えています。
この国は完全に壊れています。

Q:あなたは、自分が生きていても許される存在だと、胸をはって言えますか?

Q:あなたは、ただ自分が生きているだけで価値がある存在だと、心から思えますか?


Q:あなたは、困っているときに助けて欲しいと、声を上げられますか?

すべて言える、思える、声を上げられる、と答えた方は、多くないと思います。
なぜなら・・・

『アナタは何ができるんですか?』
『アナタは世間の役に立っているのですか?』

――そんな空気が社会に蔓延しているからです。

だから、そんな社会、政治を変えたいのです。
「生きていて良かった!」
そう思える国にしたい。力を合わせればそれはできる。

あなたが死にたくなる、自分に自信が持てなくなる理由の一つに、”生活の苦しさ” はありませんか?

今、一番必要なことは、完全に地盤沈下した人々の暮らしを、大胆に底上げすること。

「政治を諦めた」「政治なんて興味ない」
――そのような選挙でも、投票に行かない40%の人々が力を合わせれば(投票してくれれば)、国や、社会は変えることができるのです。

――それが選挙であり、政治なのです。

「れいわ新選組」の決意と使命とは

私たちがお仕えするのは、この国に生きるすべての人々です。

  • 日本を守るとは、私たちがあなたを守ることから始まります。
  • あなたを守るとは、あなたが「明日の生活の心配をせず」「人間の尊厳を失うことなく胸をはって人生を歩める」よう、私たちが全力を尽くすことです。
  • 何度でもやり直せる社会を構築するため、あなたに降りかかる不条理に対して、私たちが全力でその最前線に立ち向かいます。
  • 20年以上にわたるデフレで困窮する人々、ロストジェネレーションを含む人々の生活を、根底から底上げします。
  • 中卒、高卒、非正規、無職、障碍や難病を抱えていても、将来に不安を抱くことなく暮らせる社会をつくります。

「れいわ新選組」から立候補する仲間たち

「れいわ新選組」では、比例代表で9人の候補者を擁立し、そのうち重度障碍者と言われる2人が「特定枠」になっています。

「ふなご やすひこ(舩後 靖彦)」さん。
ALS(筋萎縮性側索硬化症)です。

「木村英子(きむら えいこ)」さん。
人工呼吸器を装着しています。生後 8ヶ月に保育器ごと玄関から落ち、首の骨を損傷してほぼ全身を動かせなくなりました。

「れいわ新選組」では、この2人が特定枠で、優先的に議員になります。

山本太郎に100万票集まれば、ALSのふなごさんが国会議員になり、

山本太郎に200万票集まれば、重度障碍の木村さんが国会議員になり、

それでも、山本太郎が議員として国会に戻るには「300万票」必要になります。

完全に退路を断っての挑戦!
これこそ本当の「身を切る改革」ではないでしょうか?

障碍者は高齢化社会のフロントランナーです

生産性で人間の価値が計られる社会――それが現在。
これが加速すれば、命を選別する社会がやがてやってきます・・・。
医療費を口実に、生産性を言い訳に、人間の生きる価値を、期間を、一方的に判断される時代がもうそこまで迫っています・・・。
これらが雑で、拙速な国会の議論で決まっていくのではないかと、危惧しています。

――誰かの命を選別する社会は、あなたの命をも選別することになる。

2人の障碍者を候補者とした際に、こんな言葉が寄せらました。
 「障碍者を利用するつもりか!?」
上等です。障碍者を利用して障害者施策を変えようじゃありませんか?

また、こんな声もいただきました。
 「障碍者に国会議員が務まるんですか!?」
障碍者はその道の「スペシャリスト」でもあるのです。障碍者だから気づけることもあります。
障碍者運動の有名なスローガン『私たち抜きで、私たちのことを決めないで!』ということです。

700人以上いる国会議員の中で、人工呼吸器をつけた人もいなければ、重度障碍者もいません。そのような ”健常者” によって国会で障碍者施策が決められ、法律がつくられます。
しかし、当事者のニーズを最も分かっているのは当事者。だから、その声を反映する必要があるのです。

障碍者が国会を変えてゆく

彼ら障碍者の2人が当選すれば、国会のバリアフリー化は確実に進みます。

本会議場には議員本人しか入れませんが、本会議場で投票する際、階段を登れない車椅子はどうするのか?

一人では水も飲めない木村さん。
定期的に痰の吸引が必要なふなごさん。
――介護者は本当に本会議場に入れるのか?

想像するだけでも、あらゆることが健常者向けにしか設計されていない。
それが国権の最高機関です。

この国の障碍者の人数、
  身体障碍者 436万人
  知的障碍者 180万人超
  精神障碍者 392万人超
それぞれ彼らの声を代弁する当事者議員がほとんどいなかった。
それ自体、おかしくないでしょうか?

これらは掛け声だけでない、真の「ダイバーシティ」(多様性)だと思います。

今、あなたが元気であっても誰もが歳を取り、病気になったり、障碍を持つかもしれません。
障碍者は、高齢化社会を生きるモデルをつくる「フロントランナー」であり、障碍者の知見は非常に重要です。

生産性という言葉が、人の命を選別するような空気が蔓延する時代は、確実に人々を生きづらくさせています。

生きているだけで、あなたには価値がある。
重度の障碍を抱えていても、難病を抱えていても、人間の尊厳が守られる。
そう感じられる、あなたを守る社会を、私たちはつくってゆきたいのです。

日本の現状は極めて危うい

”痛みを伴う改革” の、その後に残ったのは ”痛み” だけでした。
以下に日本の現状をお話しします。

『奪われたあなたの生活と人生』
 (厚労省の国民生活基礎調査<最新版>)
 ・生活が苦しいと感じている人 57.7 %
  ・そのうち母子家庭では   80.7 %

 ・平均所得を下回る世帯数については

  過去最高  62.4 %

『日本銀行の調査 
 一人暮らしの貯蓄ゼロ世帯』
 ・20代  61 %
 ・30代  40 %
 ・40代  43 %  

このデータから2つのことが分かります。

  1. 一人で生きるのに精一杯で、家族など持てない!
    少子化が加速するのみ
  2. 貯蓄ゼロの若年層や中年層たちも、やがて高齢化します。
    その時、国は彼らを救うのでしょうか?

⇒ 国は救いません! このままでは、野垂れ死にです!

あなたの生活が苦しいことを、”あなたのせい” にされていませんか?
これは、これまでの政治による誤った経済政策と、構造上の問題なのです。

「れいわ新選組」が提案する緊急政策!

このような状況を踏まえて、山本太郎が率いる「れいわ新選組」が政権をとったら何をするのか?
緊急政策をいくつか提言させていただきます。

消費税は廃止!

「消費税廃止??」「そんなの無理だよ!!」
――あなたは、そう考えましたか?

ところが実際に、消費税を廃止した国があります。
――『マレーシア』です。

マレーシアは、法人税の次に税収の多かった消費税を廃止しました。
そして、高級なサービスなどを利用するときに掛かる、金持ち向けの税制を復活させたのです。

なぜ、マレーシアでできたことが、日本にできないのでしょうか?
マレーシアでは人々がそれを本気で求めました。そして、政治を動かしたから実現できたのです。

皆さまは消費税を、1年間でどのぐらい払っているか知っていますか?

2014年の、総務省の調査をもとに試算しました。
消費税が10%になった場合、年間で約1カ月分の所得が消えることになります。

つまり、消費税を廃止した場合、1カ月分の給料をあなたにお返しするイメージです。

消費税のウソ

「消費税なくしたら社会保障はどうするんだよ!!」
――騙されないでください。

消費税を増税した分は、すべて社会保障費の充実と安定化に使うと、政府は約束しました。そして、2014年4月から「5%」から「8%」に消費税は増税された。

――答え合わせをします。

3%の税収で8兆円程度になりますが、そのうち社会保障の充実に使われたのは・・・

たった「16%」のみ・・・

消費税を引き上げる一方で、現政権は7年間で社会保障費を4兆円以上削っています。

では、消費税は何のためにあるのでしょう?

消費税収の、実に「73%」が、法人税の減少分に割り当てられていた計算が成り立ちます。
金持ちに優しい、大企業に手厚い、でも「あなた」のことは考えないのが今の政治です。

消費税増税と強制的な物価の引き上げ。
そうなのです。消費税増税とは強制的な物価の引き上げで、でも、あなたの給料は上がっていない!

実質賃金は下がるばかりで、生活は苦しいのは当たり前。
消費に関わるすべてを冷え込ませるのが消費税!
これがある限り、本当の好景気はあなたのもとにはやって来ない!

消費税廃止のための対応策

ここで心配になるのは、
「じゃあ!消費税をやめて、その20兆円分をどうするんですか!?」
といったことです。

答えはシンプルです。
消費税を導入する前の状態に戻します。

所得税の最高税率を上げる。刻みを増やす。つまり、累進性の強化です。
その他にも、法人性の累進性の導入などです。これはトランプ政権でも行われています。

つまり、儲かっていれば税率が高くなり、儲かっていなければ税率が低くなる。
景気を過熱させ過ぎず、景気が低迷しても腰折れを防ぐ。
「景気安定装置」としての税制を進めます。
これにより、中小零細企業の負担は減ることになります。

他にも、分離課税を止める、大企業優遇を止めるなど、これら全てで「29兆円」の財源が確保されます。

消費税を止めても「お釣り」が出ます。

消費税を廃止することで得られる効果

消費税を廃止すれば、物価は初年度5%下がり、本物の好景気がやってくることから、企業は内部留保を投資に回し始めるでしょう

今年の初め、参議院代表質問で「日本以外でデフレが20年以上続いた国があるか?」と総理に聞いたところ、「我が国の他にはない」との答えを得ました。

「当たり前です」

戦争や紛争などしていない国々の中で、成長していないのは日本だけ。
他の国では緩やかなインフレを確認することができるのに、日本は20年間デフレという瀕死の状態です。

現在の日本は、
 ・子供の貧困        7人に1人
 ・高齢者の貧困       5人に1人
 ・一人暮らしの女性の貧困  3人に1人

このままでは、この国に生きる人々は持ちません!
一方で、国は責任を果たす気はまったくありません!

山本太郎は大胆に生活を底上げし、デフレからの脱却を実行いたします。
提案した税制改革以外にも財源が必要な場合には、デフレ期であれば躊躇することなく新規国債を発行します。

「財政規律?」「財政再建?」
それは景気が良くなってからの議論です。
今、それをやれば政府の財政カットと増税を進めることになる。
・・・間違いなくデフレ不況は悪化し、

そして、人が死にます。

「れいわ新選組」は大胆に政策を進めます

必要な分野に積極的な投資を行います。

一律最低賃金「1,500円」

これを政府が保証します。
中小企業で1,500円など対応できないと仰らず、冷静になってください。
消費税が廃止になれば、中小企業の負担分は大幅に減ってゆきます。それでも厳しいという企業には国が補填いたします。

奨学金徳政令

現在、奨学金を借り、返済されている方々は全国に「約555万人」
国が行っているサラ金、それが奨学金であり、それで儲けているのが金融機関です。
年間350億円の利息収入を懐に入れている国の失策に対する賠償金として、奨学金をチャラにします。

住宅政策

空き家、中古マンションを利用し、安く住める公的住宅を増やします。
住まいは権利ですので、敷金・礼金は必要ありません。

福祉政策

介護福祉士、非常勤公務員などは正規の公務員にします。
公務員は雇用の受け皿であり、安定雇用は経済政策となります。

まとめ

現在の政治に足りないのは、この国に生きる人々を慮る(おもんばかる)気持ち。そして、この国に生きる人々への投資です。

愛と金が圧倒的に足りていない! 

国からの大胆な財政出動で、あなたの生活を本気で底上げする。それが20年以上に及ぶデフレからの脱却の道です。

今回の選挙、政権奪取のための第一歩
永田町の空気は一切読まない
与野党に緊張感を与える

国会内でガチンコで喧嘩する勢力を、あなたのチカラで拡大させてください。
全国の皆さま、「山本太郎」とお書きください。
周りにも、どうぞこれを広げてください。

2枚目の投票用紙には、
――「山本太郎」


死にたくなる社会から、生きていたい社会に転換させる比例には、
――「山本太郎」

この記事を書いた人:白坂和哉主催者

投稿者プロフィール

ニュースサイト『白坂和哉 デイ ウォッチ』を主宰しています。
ご質問・お問い合わせについても承っております。

この著者の最新の記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

主催者:白 坂 和 哉 -shirasaka kazuya-

主催者:白坂和哉

『白坂和哉 デイ ウォッチ』にようこそ。
このサイトを運営している
白坂和哉
(shirasaka kazuya)です。
 
「忖度しないニュースサイト 」をモットーにしています。
最近のメディア、特に新聞はどれも同じようなことが書かれていると思いませんか?
『白坂和哉 デイ ウォッチ』では、「このニュースは、実は〇〇ですよ」とか、「このニュースは△△といった見方もありますよ」といったように、切り口の違うニュース、さらに深掘りしたニュースを提供します。
ページ上部へ戻る