家畜のためには600億円を出し、人間には7億円しか出さない安倍首相

アメリカと中国の貿易戦争が激化し、その ”とばっちり” を受けた格好で、元々は中国への輸出用であった「トウモロコシ」をトランプ大統領に無理やり買わされた日本の安倍首相。

そんなニュースが飛び込んできたのは、8月も終わりにさしかかる頃でした。

安倍晋三首相とトランプ米大統領は首脳会談後の記者会見で、日本が米国産の飼料用トウモロコシを追加輸入することで一致したことを明らかにした。米中貿易摩擦が激化し米国産農産物の対中輸出が厳しくなる中、日本が引き受ける格好だ。日本政府は「ツマジロクサヨトウの被害を受けた飼料用トウモロコシの代替確保策」と説明する。追加輸入量は約275万トンになる見通し。
~日本農業新聞「275万トンを追加輸入 米国産飼料用トウモロコシ」

さて、この275万トンのトウモロコシとは、日本円にして一体どれほどの価格になるのでしょうか?

下の表は、東京商品取引所が発表した[10月21日10時30分]におけるトウモロコシの相場表です。

試算するために、ここでは分かりやすく「1トン当たり、23,000円」で計算します。今回、緊急輸入するのが275万トンですから、

275万トン ×  23,000円 = 632億5000万円 

そうなのです、約600億円ものお金を日本はアメリカへ支払うことになっているのです。

問題はそれだけではありません。
今回輸入されるのは普通のトウモロコシではなく、「遺伝子組み換えのトウモロコシ」です。

さらに、このトウモロコシは「食用」ではなく「飼料用」。
つまり、「家畜のえさ」なのです。

思い出していただきたいのですが、安倍首相は台風19号の被害においては「7億円」しか出してくれませんでした。

つまり、安倍首相は家畜のためだったら「600億円」ものお金を出し、日本国民のためには「7億円」しか出してくれないということです。

どうですかこれ? これが安倍首相のやり方なのです。

※資料
日本農業新聞「275万トンを追加輸入 米国産飼料用トウモロコシ」
井出留美「なぜ日本は米国産余剰トウモロコシ数百億円分を購入決定すべきでなかったか」

この記事を書いた人:白坂和哉主催者

投稿者プロフィール

ニュースサイト『白坂和哉 デイ ウォッチ』を主宰しています。
ご質問・お問い合わせについても承っております。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

主催者:白 坂 和 哉 -shirasaka kazuya-

主催者:白坂和哉

『白坂和哉 デイ ウォッチ』にようこそ。
このサイトを運営している
白坂和哉
(shirasaka kazuya)です。
 
「突き刺さるニュースサイト 」をモットーにしています。
最近のメディア、特に新聞はどれも同じようなことが書かれていると思いませんか?
それでも、怒り、憎しみ、タブー、そして、神々しいまでの慈悲といったように、人は複雑なマインドを持って生きております。
そんな貴方の胸に突き刺さるニュース、切り口の違うニュース、さらに深掘りしたニュースをお届けしたいと思っています。
ページ上部へ戻る