支持率最低を更新し続ける岸田首相。賞味期限はいつ頃か?

共同通信社が3~5日実施した全国電話世論調査によると、政府が経済対策に盛り込んだ所得税などの定額減税や低所得者世帯への7万円給付について「評価しない」が62・5%に上った。
岸田内閣の支持率は前回調査から4・0ポイント下落し28・3%となり、過去最低を更新。
不支持率は56・7%で前回から4・2ポイント上がり過去最高となった。
一般ドライバーが自家用車で乗客を有償で運ぶ「ライドシェア」導入については賛否が割れた。
自民党政権の内閣支持率が30%を割り込むのは、09年の麻生政権末期以来。

2023年11月5日 東京新聞 『所得減税「評価せず」62% 内閣支持率28%、最低更新』

岸田政権の支持率が最低を更新し続けている。
共同通信の世論調査では、岸田政権を支持するが「28.3%」となり過去最低を更新した。
ここで情けないのは、岸田首相の減税が国民からまるで評価されていない点にある。
現に首相が打ち出した所得税減税を、支持しないが「62.5%」に上った。
減税策を支持されない首相なんて最低、存在価値がない。

そして、その所得税減税とて、発動されるのは(法改正なども含まれるため)来年の夏頃からだ。
そもそも、このようなものは「経済対策」とは言わないのだ。
さすがに鈍感な日本国民でも、これが ”岸田首相による陳腐な人気取り” であることは見抜いている。
要するに、岸田首相は日本人を舐めているのだ。

これを、かつての「麻生政権の末期と同様」と評する声もあるが、現在は野党に力がないので政権交代の機運が高まらず、麻生政権時と違って総選挙に打って出ても普通に自民党が勝ってしまうだろう。
また、自民党内から ”岸田降ろし” の狼煙が上がっても不思議ではないが、最大派閥・安倍派(清和会)の代表すら決まっておらず ”5人衆” などと言って世間を誤魔化している体たらくで、岸田降ろしどころではない。
このように ”結果的”、”消極的理由” のみで岸田氏は首相の座に君臨している。
このダメさ加減は国力の疲弊したニッポンの姿を見事に象徴している。

そんな中で岸田首相は、もはや衆議院解散など行うつもりもない。
岸田首相は来年9月の自民党総裁選まで首相の座に居座り続け、その時点で首相を辞めるものと思われる。
これはあたかも菅前首相が、自民党総裁選の不出馬を宣言し首相の座からフェードアウトしたことと瓜二つであり。
そのあたりが岸田首相の ”身の丈” であろう。

コメント

この記事へのコメントはありません。

月間ランキング

  1. 1

    佐藤正久「人権発言」の謎を解く ~大きなものを護るために死ね?

  2. 2

    『今まさに起こっている日本の危機』~竹花総一~

  3. 3

    【終戦記念日 特別寄稿】なぜ天皇陛下は靖国神社を参拝しないのか?

  4. 4

    『れいわ現象の正体』を読み解く ~「ノー」の声を上げ、街頭に出よう!

  5. 5

    安倍首相CIAエージェント説 ~岸信介もCIAだった

  6. 6

    【解説】イスラエル&パレスチナ戦争を理解するために ~ハリー・S・トルーマン「──アラブの肩を持っても票にはならないだろう?」~

  7. 7

    即位礼正殿の儀で恥を晒し続けた安倍夫妻 ~日本人としての品格がない理由

  8. 8

    小池百合子とトルコ風呂 ~小池都知事は風俗と夜の街をどのように捉えているか?

  9. 9

    【速報】「安倍首相は39歳!?」トランプ大統領に馬鹿にされた安倍首相

  10. 10

    小泉純一郎と憲法9条 【漂流国家 日本 Part2】

アーカイブ

TOP