今!読むべき『保守とネトウヨの近現代史』

倉山満『保守とネトウヨの近現代史』

Introduction:右側の方々より、むしろ「リベラル」「左」「左翼」の方々にお勧めなのが『保守とネトウヨの近現代史』です。
筆者の倉山満氏は、言論界で「保守」の論客として知られています。
しかし、彼は本書の中で安倍元首相を痛烈に批判し、さらに『自民党は「保守」ではない』とすら言い切っています。その論たるや、切り口鋭く明快にして痛快そのもの!
「保守とは何か?」「リベラルとは何か?」
私たちの思想について、あらためて再考を促す珠玉の一冊です。

▼ YouTube をご覧ください!





コメント

この記事へのコメントはありません。

月間ランキング

  1. 1

    安倍首相CIAエージェント説 ~岸信介もCIAだった

  2. 2

    世耕弘成・前経済産業相が民間人を提訴 ~スラップ訴訟が中野昌宏 教授を襲う

  3. 3

    葉梨康弘 前法務大臣の「死刑制度」をめぐる”軽々しい”暴言と「国家権力」

  4. 4

    安倍首相はなぜ、嘘をつくのか? ~肥大化した ”自己愛” の悲劇

  5. 5

    天皇皇后両陛下 福島県本宮市をご訪問 12月26日

アーカイブ

TOP