今!読むべき『保守とネトウヨの近現代史』

倉山満『保守とネトウヨの近現代史』
Introduction:右側の方々より、むしろ「リベラル」「左」「左翼」の方々にお勧めなのが『保守とネトウヨの近現代史』です。
筆者の倉山満氏は、言論界で「保守」の論客として知られています。
しかし、彼は本書の中で安倍元首相を痛烈に批判し、さらに『自民党は「保守」ではない』とすら言い切っています。その論たるや、切り口鋭く明快にして痛快そのもの!
「保守とは何か?」「リベラルとは何か?」
私たちの思想について、あらためて再考を促す珠玉の一冊です。

▼ YouTube をご覧ください!

コメント

この記事へのコメントはありません。

アーカイブ

月間ランキング

  1. 1

    安倍首相CIAエージェント説 ~岸信介もCIAだった

  2. 2

    佐藤正久「人権発言」の謎を解く ~大きなものを護るために死ね?

  3. 3

    『暁まいり』に魂が燃えた! ~豊穣を願う福島市伝統の祭り

  4. 4

    小池百合子とトルコ風呂 ~小池都知事は風俗と夜の街をどのように捉えているか?

  5. 5

    「八ッ場ダムの奇跡」台風19号から首都圏を死守!

  6. 6

    『廃炉のため処理水を放出する』は「ウソ」だったことが判明した!

  7. 7

    【終戦記念日 特別寄稿】なぜ天皇陛下は靖国神社を参拝しないのか?

  8. 8

    医療従事者への感謝と敬意と『ブルーインパルス』~そこに隠された官邸の戦略

  9. 9

    北方領土問題が絶対に解決しないたった一つの理由 ~安倍首相の責任を問う!

  10. 10

    『れいわ現象の正体』を読み解く ~「ノー」の声を上げ、街頭に出よう!

TOP