現代アート『脈-FUKUSHIMA 2019展』は8/11まで

暮らし

感性ほとばしる現代アートの作品群

福島県の現代アートの祭典、『脈-FUSHIMA 2019展』が8月7日から開催されています。

これは、福島県在住のアーティスト58名による「集団古典」となっており、その作風たるや斬新にして新鮮。観る者の感性を「これでもか」というほど揺さぶります。

作品数は約200点。
アーティスト自らが設営・展示、そして撤去まで行い、しかし、その姿がまるで少年・少女のように喜々として行う様は、自分たちで面白い展覧会をつくりあげるのだという「気概」が伝わってくるかのようです。

今回は8月11日(日)までの短い開催期間ですが、今からでも間に合います。福島に在住の方は、これを機会に現代アートに触れてみてはいかがでしょうか。

『脈-FUSHIMA 2019展』 案内

入場料 無料

◆開催期間 8月7日(水) ~ 8月11日(日)

◆開催時間 10:00 ~ 18:00
      (最終日は15:00 まで)

◆開催場所 
「とうほう・みんなの文化センター」
〒960-8116 福島県福島市春日町5−54

作品紹介

『one day – my life -』
相馬 亮
『one day – my life -』は立体的な作品になっています。
『Train』
橋本 淳也
『時のはざまに Ⅲ』
松本 良子
『19 – C メタルレイン 浸食』
清野 光男
『福島の側面 2019』
木島 克典
『作品 18 – 01』
荒 洋
『ゆらぎ 1803』
上石 直美
『仮像と物質』
鈴木 正一
※これらの作品群の全てで『仮像と物資』という、一つの作品を形成しています。

コメント

この記事へのコメントはありません。

アーカイブ

月間ランキング

  1. 1

    安倍首相CIAエージェント説 ~岸信介もCIAだった

  2. 2

    佐藤正久「人権発言」の謎を解く ~大きなものを護るために死ね?

  3. 3

    『暁まいり』に魂が燃えた! ~豊穣を願う福島市伝統の祭り

  4. 4

    小池百合子とトルコ風呂 ~小池都知事は風俗と夜の街をどのように捉えているか?

  5. 5

    「八ッ場ダムの奇跡」台風19号から首都圏を死守!

  6. 6

    『廃炉のため処理水を放出する』は「ウソ」だったことが判明した!

  7. 7

    【終戦記念日 特別寄稿】なぜ天皇陛下は靖国神社を参拝しないのか?

  8. 8

    医療従事者への感謝と敬意と『ブルーインパルス』~そこに隠された官邸の戦略

  9. 9

    北方領土問題が絶対に解決しないたった一つの理由 ~安倍首相の責任を問う!

  10. 10

    『れいわ現象の正体』を読み解く ~「ノー」の声を上げ、街頭に出よう!

TOP